トップ
 
<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
親知らずがかわいい

先日、某社の15周年記念パーティーに行ってきましたじりーです。

会場は、金と権力と女性のパワーが渦巻いていました。





そういや親知らずを1本抜きました。

本当に、ゴリって、力技で抜かれるんですね。なのに全然痛くなかったです。

抜いたやつはもらってきました。

虫歯があるけど立派に育った親知らずです。

自分の一部だったものが手の中にあるっていうのは

何とも不思議な感じです。

でもなんかかわいいのです。これが親心というものでしょうか。





b0149551_1438467.jpg


今回の写真は。「飛ぶ春」

コントラスト+30、明るさ+10、色相-15。

この人は大学時代の専属モデル。

変な子でした。

なんでそんなに自由に動けるんだろう、って感じの変な子。

でも、この子から得たものは、これまでの人生の中でも飛びぬけて大きい。

毎日が途方もなく楽しかった頃です。





世間は夏休みに入ったみたいですね。

私は休んでる場合じゃないみたいです。スケジュールが鬼です。

写真もいつ撮ろうかという感じです。

夏フェスに行けることだけを夢見て、がんばります。
[PR]
by singing-tree | 2008-07-24 14:40 | find a day
おいさ
暑い日は働かなくてもいい国に行きたい…。

小学生の夏休みみたいな毎日が送りたい今年25歳になるkanadeです。



博多の夏といえばこれ。



先日は博多祇園山笠のフィナーレ追い山を見てきました。
しかも成り行きでじりーと。



この時期は博多の町中を締め込み姿のお尻が闊歩します。


高知出身のじりーには衝撃だったようですが、

追い山ともなればどこを向いてもお尻だらけですよ。



あまりの人の多さに戦意喪失したじりーを連れて、今年も熱い博多の夏を感じさせてもらいました!おいさ!


山笠のフィナーレ追い山は、たとえ台風が接近しようが毎年7月15日の早朝4時59分から。
例年梅雨が明けるのがこの頃なので、追い山とともに本格的な夏が幕を開けるわけです。



b0149551_1529254.jpg




夏の匂いには記憶がある。

蛍に、海に、花火に。

飛び交うとんぼや

図書館のベンチにさえ

まぶしいほどに染み付いている。


なにひとつ変わらなくても、また新しい夏がめぐっていく。


停まったままのバスの中

今にもこぼれそうな花束を抱えて

流れる景色をみつめてる。



また透明な夏がいく。
[PR]
by singing-tree | 2008-07-19 16:13 | find a day
フライヤー

あやうく1週間経つところでした。じりーです。

炭酸を飲んで少し経つと、頭の上から炭酸が抜けていく気がするとかなでに言ったら、

すごいバカにされました。

誰か、それわかるよ!って人、いないんでしょうか。





写真展に向けてフライヤーを作成中です。

先日、紙を選びに、かなでと天神に繰り出してきました。

紙っていろいろあるんですね。触りまくり。

でも紙選びというより、食い倒れツアーに近かったような。

1時間ごとに何か1つ食べてました。

2人して「暑い」「おいしい」「眠い」ばっかり言ってました。

かなでは梅佳代の写真展会場で寝ていました。器用です。





デザイン案もいろいろ考え中。

お金ないので、自分たちでデザインから印刷までやるのですが、

フォトレタッチソフトやらプリンターやらと悪戦苦闘してます。

でも楽しいです。





b0149551_2038077.jpg


今日の写真は。

私のパソコンのデスクトップ背景です。おニュー。

写っているのは愛用の、職人さんによる手作りの時計。

思いきり白く飛ばした文字盤に、

アイコンを時計の時刻のようにぐるっと並べてあります。

そのままだとかなりマブいので明度-30、彩度+30、コントラスト+30。




フライヤーもさることながら、

そろそろ写真自体も作っていかねばです。

気づけば展示まであと2か月。早いです。
[PR]
by singing-tree | 2008-07-13 20:29 | find a day
カメラをお供に旅に出る
気温とともに夏気分も急上昇ですね。
福岡はもう梅雨明けらしいですよ。


今回は蚊にさされやすいのが悩み、kanadeがお送りします。


いやほんとすごいんですよ、うちの研究室。
蚊の巣窟。ベープ効かず。何かいい方法あったら教えて下さい。




しかし前回のじりーのモノクロ写真良かったですなー。
写真自体がいいのはもちろん、文中にもあったようにじりーはモノクロ手焼きしてたんですね。

比べて前々回の私のモノクロ写真は、普通のプリントショップでできるデジタルプリントです。

web上でも見比べれば違いが分かると思いますが、デジタルプリントはちょっと赤みがかった感じで、はっきりと黒白が出にくいです。

ぼんやりした眠たいプリントは命取り、はっきりとしたコントラストが要とされるモノクロでは、どうしても手焼きしないと本来の味が出ないんですね。


しかし…


手焼きを頼むとめちゃ高い!
そして時間かかる!


というわけで自分で手焼きできる環境も、かける時間も労力もなく、手焼きを注文する経済力もない私はデジタルプリントに甘んじています。

一度だけ展示用に手焼きを注文したときはその仕上がりの違いに感動したものですが、写真によってはこのデジタルプリントのぼんやり感が逆にいいかも?と思ったり。


どこまでこだわるか、何を好むかはホント人それぞれだと思います。

だから色んな写真ができておもしろいですね。



ついついまた写真について語っちゃいましたが私もまだまだ素人なので、間違い等ありましたらごめんなさい、そして訂正求む。




私は写真を始めるよりずっと前から旅が好きでした。
国内海外問わず、知らない場所に出掛けていくのが楽しみ。

写真を始めてからは、カメラをお供させて旅の楽しみが増えました。


なので今回は旅についての新カテゴリ「trunk」を作ってみましたよ。
もちろん旅に出る時の相棒ですが、実は木の幹、の意味もあります。


これは学校の実習で訪れた屋久島での一枚。

b0149551_2305464.jpg


使ったのは現在故障中のPEN-EE。ハーフカメラです。


屋久島は屋久杉で有名だけど、海もものすごく綺麗でした。
そして美味しい飛び魚が食べられます☆


今年の夏も、海に山にと駆けずり回りたいものですね。
[PR]
by singing-tree | 2008-07-06 23:19 | trunk
酒の肴に一曲


こんにちは。じりーです。

第4回は、初のカテゴリ「singing」で。





実は写真よりも俄然、音楽が好きです。(フォトブログなのにって感じですが)

でも音楽をやろうとは全く思いません。

音楽に対しては、生涯一ファンでありたいと思っています。

そういうわけで私の表現の場は音楽ではなく、

気がついたら写真になっていました。

でも、逆に、写真に対しては一生ファンにはなれないような気がします。

わかりますかね、こういう感じ。





先日、

かれこれ10年ぐらい好きなアーティスト、AIRの弾き語りライブに行ってきました。

会場は福岡市内にあります「博多百年蔵」。

http://www.ishikura-shuzou.co.jp/hall.shtml

この会場がユニークでして、

酒造さんの歴史ある酒蔵がホールになっています。雰囲気抜群。

酒蔵だけあって、ドリンクメニューの中には日本酒もあります。

迷わず日本酒をオーダーして、

ふわふわしながら素敵な音楽に酔いしれてきました。

AIRから直々にお客さんにタンバリンを渡して、一緒に演奏しちゃったりする場面も。

ピースフルで、幸せなステージでした。

そして帰り道は酔っ払い。弱くなったものです。





b0149551_13184174.jpg


写真部時代、モノクロは自分で手焼きしてました。

これは昔住んでた安アパートの軒下から。「夏陰」

湿気の多い、暑ーい町でしたが、

断片的に見てみると、なぜか涼しげな光景ばかりが思い出されます。





今日は暑いですね。

明日からしばらく、もっと暑いであろう高知県に行ってきます。

かなでは先日まで宮崎にいたらしい。

大学院生って案外に忙しいものです。
[PR]
by singing-tree | 2008-07-02 17:17 | singing
--------------------------------------------------------------------------------

禁無断転載・無断複製
Copyright (c) 2008 singing tree All rights reserved.